小児矯正


▼小児矯正・早期治療でお悩みの方はこちらから。駅前歯医者.com無料相談▼

Q
【2017.6.1】 小児矯正: 9歳、T4K矯正、海外在住
9歳の娘、T4K矯正を希望です。来月一時帰国予定です。 その間に診察を受け装着お願いできますか?(大阪市42歳女性)
 9歳の娘のT4K矯正を希望です。
 当方、海外在住で来月6月18〜29まで一時帰国予定です。
 その間に数回診察を受けT4K装着お願いできますか?
 毎年1年に1度帰国してます。
 T4K定期検査必要なのは重々承知しておりますが、1年1度しか通えません。 
A こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 T4Kによる矯正治療を御希望との事ですが、9歳のお子さんの現在の咬み合わせの状態がどうなのかを診査、あるいは検査をしてみないと矯正治療の必要性、あるいはどの様な治療方針で考えていくのか、そのためにどの装置を使用するのかを決めていかなければなりません。
 まして治療に年に一度しか来れないとなるとかなり治療や装置にも制約が出てきますのでなおさら難しくなりますね。  何かでT4Kによる矯正治療を調べられたのだと思いますが、お子様の治療に本当に良いのかどうかなど、色々な事柄を検討した上で決めなければなりませんね。
 それでなければ間違った治療をしてしまう事になったり、ましてや定期的な管理が難しい状態では なおさら心配ですね。
 ですから最初からT4Kとか言うのではなく、お子さんの現在の状態を見せて頂いた上で御相談、お考えに なられるのが良いのではないでしょうか。
 ですから先ずはお電話で御相談の予約をお取り頂きお子さんのお口の中を診査した上でお話できればと 思います。
 御相談には約30分時間をかけておりますので、なるべく早く御予約して来て頂いた上でお話出来れば と思います。

大阪・タニ矯正歯科 院長谷世志昭先生矯正歯科専門、大阪市・なんば タニ矯正歯科クリニック 院長 谷 世志昭 先生、
日本矯正歯科学会、認定医・指導医、お子様の早期矯正治療から大人の本格矯正治療まで、

Q
【2016.11.1】 小児矯正: 子供の矯正治療と保険
子供(小学生)の矯正を考えていますが、保険がきかないと聞いていますが…(堺市27歳女性)
 子供(小学生)の矯正を考えていますが、保険がきかないと聞いていますが、どうですか。
 また、他に何か優遇処置などありますか。 
A こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 矯正治療は基本的に自費治療になります。  
 ただ、唇顎口蓋裂や顎変形症(骨格的に顎がゆがんでいたりして外科手術などが必要な症例)などの場合は、大学病院など特定医療機関でその認定を受けられた場合は保険の適用となります。
 それ以外は自費治療となりますが、お子さんの様に小、中、高校生の場合は確定申告されますと現在ほとんどの場合、医療控除の対象となりますので税制の優遇制度を利用されるとよいと思います。

大阪・タニ矯正歯科 院長谷世志昭先生矯正歯科専門、大阪市・なんば タニ矯正歯科クリニック 院長 谷 世志昭 先生、
日本矯正歯科学会、認定医・指導医、日本臨床矯正歯科医会、お子様の早期矯正治療から大人の本格矯正治療まで、

Q
【2016.7.1】 小児矯正: 子供の矯正治療、その方法や装置
子供の矯正治療を考えているのですが、どの方法や装置がいいんでしょうか、教えて下さい。(堺市40歳男性)
 子供の矯正治療を考えているのですが、色々と調べてみると、色々な装置とか方法が有ってどれがいいのか分りません。
 どの方法や装置がいいんでしょうか、教えて下さい。 
A こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 矯正治療の考え方や方法、装置などは時代とともに進歩、変化してきています。
 ただ、基本的には患者さんの年齢や症状、状況に応じて考え、選択していかなければなりません。 もちろん、患者さん本人の希望も聞きながらです。
 ですから、先ずはお子さんの状態を専門医の先生に診査あるいは検査をしてもらった上でお子さんに適した治療方針のもとに適した方法、装置を選ばれるのが良いと思います。
 また、子供さんの場合は成長して来ますから、それにより装置などが変わる場合もあります。
 ですから、色々な情報に惑わされずに、先ずは矯正専門医に御相談される事です。

大阪・タニ矯正歯科 院長谷世志昭先生矯正歯科専門、大阪市・なんば タニ矯正歯科クリニック 院長 谷 世志昭 先生、
日本矯正歯科学会、認定医・指導医、日本臨床矯正歯科医会、お子様の早期矯正治療から大人の本格矯正治療まで、

Q
【2013.11.19】 小児矯正: お子様の矯正治療、スタート時期について
小学3年生の女の子です。矯正治療をスタートするのは永久歯がそろってからの方がいいのでしょうか?それとも今すぐに始めた方がいいのでしょうか?(大阪市37歳女性)
 子供の歯並びについてお聞きしたいのですが、私の子供は小学3年生の女の子なのですが、口の中を見ると歯が大きくデコボコしています。
 ただ、まだ全部が永久歯ではなく乳歯と永久歯が生えているのですが矯正治療をスタートするのは永久歯がそろってからの方がいいのでしょうか?
 私の子供の頃は永久歯が生えそろってからと聞いた様に思うのですが、それとも今すぐに始めた方がいいのでしょうか、教えて下さい。お願い致します。
A こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 お母様のおっしゃる様に昔は永久歯が全部揃ってから矯正治療をスタートするお考えの先生が多かったと思います。(本格矯正治療のみをするという考えの治療)そのため患者さんの間にもその様に受けとめられていたのだと思います。
 ただ、永久歯が生え揃うまで放置しておきますと子供さんの顎の成長がかなり進んでしまったり終了してしまって歯を並べる上下の顎の関係が悪くなってしまったり、悪い関係がさらにひどくなったりでせっかく本格矯正治療をしても悪い土台の上ではより良い治療結果が得られない事になります。
 その様な過去の治療の研究をふまえて矯正歯科の先生は患者さんの状態(歯の上下の関係や永久歯への交換の状態、上下の顎の関係、歯と顎の関係)を診、先生の治療経験を元にすぐに早期(第一段階)治療をスタートした方が良いか永久歯列が完成するまで待って本格矯正(第二段階)治療からスタートするかを判断します。
 ですから先ずは経験豊富な矯正歯科の先生にご相談されるのが良いと思います。
 現在でも先生により考え方が異なりますが必要であればできるだけ早期に必要な治療をスタートさせて悪い状態を改善しより良い方向へ顎の成長ならびに永久歯への交換をうながす早期矯正治療(第一段階矯正治療)の考え方がなされています。  そして永久歯列が完成した時期にどうしても本格矯正治療をしなければならない方は、次の段階(第二矯正治療)へと移行する2段階矯正治療の考え方をする先生が多いと思います。
 私もその考えにもとづいて治療をしております。
 2段階矯正治療、早期矯正治療(第一段階矯正治療)、本格矯正治療(第二段階矯正治療)とそれらの治療例について、よろしければ私の所のホームページをごらん下さい。
 先ずは矯正専門医に御相談をされてはいかがでしょうか。

大阪・タニ矯正歯科 院長谷世志昭先生矯正歯科専門、大阪市・なんば タニ矯正歯科クリニック 院長 谷 世志昭 先生、
日本矯正歯科学会、認定医・指導医、日本臨床矯正歯科医会、お子様の早期矯正治療から大人の本格矯正治療まで、

Q
【2013.11.9】 小児矯正: お子様の矯正治療、保護者の同伴と通院間隔
子供を矯正に通わせたいと思っているのですが、毎回私がついて行く事が出来ないので、それでも良いのでしょうか?また、どれ位の間隔で通院すればよいのでしょうか?(堺市37歳女性)
 子供を矯正に通わせたいと思っているのですが、先生の所は駅からも近く便利だし、土・日も診察されているので良いかなと思っています。
 ただ、毎回私がついて行く事が出来ないので、それでも良いのでしょうか?
 また、どれ位の間隔で通院すればよいのでしょうか?
A こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 お子様の歯並びの治療(矯正治療)を考えていらっしゃるとの事、とても良い事ですね。是非、治療をスタートしてあげて下さい。
 お尋ねの治療に来院する間隔ですが、お口の中に装置が着いて歯を動かす治療(動的治療)がスタートすると、だいたい3〜4週間に1度位の来院となります。
 治療に当たり、治療の今後の予定や治療内容、装置について説明しておりますので、その時は保護者の方いっしょの方が望ましいです。
 ただ、定期的に調節などに来院される場合は、患者さん御本人お1人でもかまいません。
 もちろん、御本人にも治療について説明はして行きますが…。お子様が、お1人で来られていても大切な説明や御相談をしないといけない時は前もってお子様に次回保護者の方と来て頂く様に言っておりますので、その時は是非同伴して頂ければ問題ありません。
 また、どうしても来れない時や何かお聞きになりたい事がある場合は、電話を頂けましたら説明をしております。

大阪・タニ矯正歯科 院長谷世志昭先生矯正歯科専門、大阪市・なんば タニ矯正歯科クリニック 院長 谷 世志昭 先生、
日本矯正歯科学会、認定医・指導医、日本臨床矯正歯科医会、お子様の早期矯正治療から大人の本格矯正治療まで、

Q
【2013.8.31】 小児矯正: 混合歯列の時期から第一段階矯正治療(早期矯正治療)をスタート
娘(小学4年生)の歯並びが悪く矯正を考えているのですが、乳歯と永久歯が生えている状態です。矯正治療のスタート時期について教えて下さい。(大阪市37歳女性)
 はじめまして。
 娘の歯並びが悪く矯正を考えているのですが、小学4年生で乳歯と永久歯が生えている状態です。
 一般歯科の先生に相談したら“永久歯がそろうまで待って矯正をスタートしたらいいんじゃないか”と言われ、今まで来たのですが、先生のホームページを見ると2段階治療と言うのがあり、娘の様な時期でも早期の矯正治療を行っている様ですが、私としてはどちらが良いのかよくわからないので、とにかくよい治療をしてあげたいので教えて下さい。
A こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 矯正治療のスタート時期、方法については先生により色々なお考えがあると思います。
 以前は矯正治療を専門にして長く患者さんを、それも多数の方を見られた先生が少なかったり、専門医の先生の数が少ないため一度に多数の患者さんが来院されても十分な時間をとって治療出来ない、早期治療からスタートすると本格矯正治療が必要になる方の場合はトータルの治療期間が長くなってしまうなどの理由から永久歯列が完成するまで待って本格治療の時期から矯正治療をスタートするケースが多かったと思います。
 しかし、治療後の成績を多くの患者さんで見てみると、特に骨格の成長などの影響する場合などにおいては混合歯列期(永久歯列がまだ完成されておらず乳歯と永久歯がいっしょに生えている時期)より乳歯から永久歯への交換の観察、誘導、そして必要な場合には早期治療と進めて行く第一段階矯正治療をしておいたならこんなにひどくならなかっただろうーなと言うケースが多数見られたため、現在では必要な患者さんの場合は混合歯列の時期から第一段階矯正治療(早期矯正治療)をスタートさせると言う考え方の先生が多いと思います。
 それにより、より良い永久歯の咬み合わせへの誘導と患者さん自身の持っている顎の成長をより良い方向へ誘導し、自身の成長を利用して上下の顎のより良いバランスの獲得によりバランスの良い美しい顔と口元、咬み合わせの不正の改善、軽減を目指して治療しております。
 ただ、患者さんによってはかなり不正が改善したけれども第二段階矯正治療(本格矯正治療)でさらに治療をしなければならない方もおられます。
 しかしながら早期矯正治療で初期の不正が改善あるいは軽減されている場合、同じ様に本格矯正治療を行っても、その時期まで放置された場合とでは結果が異なって来るのは明らかです。
 ですから早期矯正治療の意義が有るのです。
 以上の様な事から私の所では早期矯正治療(第一段階矯正治療)から本格矯正治療(第二段階矯正治療)と言う2段階矯正治療を行っております。
 これらについて、あるいは症例については、よろしければ私の所のホームページをご覧下さい。

大阪・タニ矯正歯科 院長谷世志昭先生矯正歯科専門、大阪市・なんば タニ矯正歯科クリニック 院長 谷 世志昭 先生、
日本矯正歯科学会、認定医・指導医、日本臨床矯正歯科医会、お子様の早期矯正治療から大人の本格矯正治療まで、

Q
【2013.4.11】 小児矯正: 6歳、指しゃぶり、上顎突出
6歳の娘が就学児検診で上顎突出といわれました。 乳児の頃から、吸指癖がやめられません。 矯正等の治療は必要でしょうか?(大阪市6歳女の子)
 6歳の娘ですが就学児検診で上顎突出といわれました。
 乳児の頃から人差し指と中指の2本をしゃぶる癖があり、現在は本人もしてはいけないと自覚して、寝る前のほんの数分だけに減ってきてはいるのですが、やめられてはいません。
 まだ永久歯に生え変わる様子も見られませんが、矯正等の治療は必要でしょうか?
A こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 お子様は吸指癖がまだ続いている様ですが、年齢的にもうやめさせなくてはいけません。また、長期にわたる吸指癖のため上顎が狭くなったり、上顎の前突が認められるのだと思われます。
 ですから、顎の成長も含め矯正治療が必要と考えられます。
 年齢的にはそろそろ6歳臼歯(第一大臼歯)や上下の真中の歯(中切歯)が萌出する時期ですので矯正治療が可能となります。一度矯正専門医を受診され現在の状態や今後の治療の事などについて御相談されては如何でしょうか。
 私の所では御相談に約30分の時間をかけておりますので、予め御電話で御相談の予約を頂いております。また、御参考までによろしければ私の所のホームページの治療例などを御覧下さい。

大阪・タニ矯正歯科 院長谷世志昭先生矯正歯科専門、大阪市・なんば タニ矯正歯科クリニック 院長 谷 世志昭 先生、
日本矯正歯科学会、認定医・指導医、日本臨床矯正歯科医会、お子様の早期矯正治療から大人の本格矯正治療まで、


お子様の小児矯正・早期治療の相談にお答えを頂いているドクターです。
大阪・タニ矯正歯科 院長谷世志昭先生矯正歯科、大阪・なんば タニ矯正歯科クリニック 院長 谷 世志昭 先生、
日本矯正歯科学会、認定医・指導医、日本臨床矯正歯科医会、お子様の早期矯正治療から大人の本格矯正治療まで、矯正治療・矯正歯科、土日も診療、見えない矯正装置、クリアブラケット、わかりやす治療費・矯正費用

神戸市・新開地 広瀬矯正歯科 院長 広瀬 豊 先生 
認定医、歯学博士、子供の早期矯正治療、大人の外科矯正、クリーニング(PMTC)、非抜歯治療

京都・山科 西田矯正歯科 院長 西田 真 先生 
認定医・指導医・歯学博士、デーモン矯正、見えない矯正、インプラント矯正
■デーモンシステム詳しく

大山矯正歯科 院長 大山 照彦 先生名古屋市・栄 大山矯正歯科 院長 大山 照彦 先生
日本矯正歯科学会認定医・指導医・歯学博士、最新の治療・最良な治療環境を提供、土日も診療

太田矯正歯科クリニック 院長 太田安彦 先生和歌山市・ぶらくり丁 太田矯正歯科クリニック 院長 太田安彦 先生
日本矯正歯科学会認定医、土日も診療、相談可、見学可、メールでお悩み相談受付
矯正のことなら、歯並び.TV http://www.hanarabi.tv/


ご 相 談 フォ ー ム
お名前

フリガナ

性 別

男性   女性

年 齢

住 所

電車(最寄り駅)

電話番号

e-mail


e-mailを間違えると返信できません。正しく入力してください。

治療内容

一般治療 小児歯科 小児矯正 矯正歯科
審美歯科 歯周病 インプラント 費用
親知らず 顎関節症 根管治療 妊娠中授乳中
口臭

知覚過敏

海外 口腔外科
医院探し 入れ歯 その他
相談内容

メルマガの購読
サンプルはこちら
はい   いいえ
駅前歯医者.comのメルマガは、週刊で歯に関する情報を紹介しています。

 




お悩み相談Q&A

一般治療
口腔外科
医院探し
入れ歯



子様の矯正について、お母さんからの相談をたくさん頂いています。
 駅前歯医者.comは、矯正治療に優れた専門医が多いのが特長です。
 ご納得がいくまでご相談ください。

早期治療(子供の矯正)
 混合歯列期(乳歯と永久歯がある時期)や乳歯列期後期に始める治療法で、その目的は永久歯がはえそろう前に顎骨や歯槽骨(歯が生えている周りの骨)、筋肉の不調和を改善し、お口の中の環境を整えることです。

▼関連ページ
・受け口(反対咬合)

・深い咬み合わせ(過蓋咬合)