海外



▼海外からの歯科相談は、こちらからご投稿ください。駅前歯医者.com▼

Q

【2016.4.30】 海外: 矯正治療、抜歯か非抜歯か?
海外で矯正を始めるにあたり、抜歯4本と診断されました。(ロンドン14歳女性)
 海外で矯正を始めるにあたり、抜歯4本と診断されました。
 素人目には4本抜歯は多いように感じ不安に思っております。
 妥当な診断であるかお聞かせ願いますでしょうか?
 よろしくお願い致します。

A はしもと矯正歯科、院長の橋本公志です。
 矯正治療を行う上で「抜歯か非抜歯か?」というのは一番重要な判断であると 言っても過言ではありません。
 歯を削ったり、抜いたりといった不可逆的な処置は一度行うと後には引き返せません。
 しかし、正しい判断に基づき、それが必要な処置であり、良い結果に結びつくも のであれば前向きに取り組むべきものでもあります。
 一般に日本人はこの抜歯という処置に結びつきやすい叢生(歯並びが凸凹)の方が多く、またその程度も高度である場合が多く、従って抜歯治療となる比率も高いです。
 統計的な数字は研究者によっても異なりますが、概ね全体の過半数が抜歯症例となっているようです。
 また、抜歯の判断となった場合はその殆どが上下左右の1本づつ、すなわち4本の抜歯となります。
 貴方の仰るように何か感覚的には多いように思われるかもしれませんが、噛み合わせの上下左右の対称性を確保するには致し方ないということですね。
 また無理に非抜歯で治療したり、抜歯の本数を少なくしようとすると他の問題が発生し、治療の質が下がってしまいます。
 海外での医療行為、しかも矯正という長期にわたる治療というのはなにかと不安がつきものですが、この写真から判断する限り抜歯の診断は妥当性も高 く、また本数の決定も一般的な矯正治療の基準に沿うものと思います。
 ですから、問題はこの抜歯という判断そのものではなく、心理的な不安の要因が大きいと思われますので、担当医とよく話し合うことが大事と思います。
 医療人が何か処置を行う場合、事前の納得が行く説明が重要であることは洋の東西を問わないと思います。
 これは同じ処置をするにしても半信半疑で進めるのと、納得の上で進めるのでは、たとえ同じ治療結果であってもその満足度は違うと思います。
 ですから、今回の抜歯に限らず、疑問や不安があればその都度良く担当医と話し合いましょう。そして、海外(アドレスからすると英国でしょうか?)では「よい笑顔」の価値はむしろ日本よりも高いので、治療後はもっと幸せな人生が待っていますよ!

はしもと矯正歯科 矯正歯科認定医
〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江2−2−5 SYDビル6階 野田阪神駅徒歩1分 TEL:06-6453-8599 FAX:06-6453-6649

Q

【2014.9.1】 海外: 抜いてから先生のことを知りました。
ロンドン在住。奥歯の抜歯後、不安です。アドバイスを頂けましたら大変助かります。(ロンドン38歳女性)
 蛭間先生、はじめまして。
 ロンドン在住の者(38歳、女性)です。
 今日歯のことについて検索中に、偶然先生のHPに出会いました。もっと早くに出会えていたら、という気持ちでいっぱいです。
 クラウン(銀歯)の中で広がってしまった虫歯の為痛みがあり、6月中旬にこちらの歯科を受診したところ、抜歯してインプラントしかないとのことで、最奥歯を抜歯しました(過去に矯正の為、上下4本を抜歯している為、今回抜いた左上の6番は一番奥歯でした)。
 抜歯して初めて実感する食事の不便さや今後起こり得るリスクを考えると、抜歯の3週間後に日本への一時帰国の予定があった為、それまで何とか痛みを我慢し、日本で治療すべきであったと激しく後悔しています。
 2ケ月経った今でも悩みは消えず、夜も熟睡出来ない状態です。 一時帰国中に日本で受診した歯科医院で、ロンドンでの歯科事情をお伝えしたところ、先生ご自身が私の立場であったらこのまま放置する(5番までが揃っていれば何とか機能する)とのことで、歯の移動を防ぐマウスピースを作って頂き、帰国しました。
 歯科治療レベルを考えるとこちらでインプラント手術を受けるのは大変不安です。ブリッジ、入れ歯、インプラントでしたら、インプラントが他の歯への負担が一番少ないのは分かるのですが、今後も主人の転勤で海外(途上国を含む)に暮らす可能性があることを考えると、メンテナンスをして頂ける歯科医院を見つけられるかという不安もあります。
 日本へは約2年後に本帰国予定ですが、このまま一本奥歯が抜けた不安定な状態で過ごして良いものか悩んでいます。6番まで上下揃っている右側で食べがちで、右奥歯&歯茎が軽く痛みます。
 実際に歯の状態を診て頂けない状況で質問させて頂くのも無理なお願いきごとであることは承知しておりますが(申し訳ありません)、私のように片側が5番までしか揃っていない咬合で経過観察をしても良いものか、他に次善の策があるか、アドバイスを頂けましたら大変助かります。

A 両国インプラントカウンセリングセンター センター長の蛭間です。  
 お答えいたします。
 抜かれたたのは残念です。
 今の状態で噛める方と噛めない方がいます。個人差があるようです。
 インプラントもうった先生とメインテナンスの先生が別になるのは大変だと考えます。
 まだ人生50年ございます。
 もうこれ以上抜かれないでください。

両国インプラントカウンセリングセンター・蛭間歯科医院 院長・歯学博士 蛭間重能 先生
日本歯周病学会認定医、日本歯科保存学会保存治療認定医、日本口腔外科学会専門医 指導医・認定医、保存治療

Q

【2013.3.20】 海外: 矯正治療の継続について
韓国で矯正を始め、ブラケットを装着しています。日本で続いて矯正治療ができるかを聞きたいです。(大阪市30歳女性)
 こんにちは。
 相談があってメール送ります。
 ちなみに韓国人で、今は韓国に住んでます。
 先週、韓国で矯正の治療を始め、歯の表面にセラミックブラケットを装着しましたが、状況がちょっとややこしくなってます!
 予定より早く日本への勤務が決まったので、2〜3年間は日本で続いて矯正治療ができるかを聞きたいです。
 まだ、装着したばかりで、一回も調節はしてない状態なんです。この場合、日本で調節だけができるんでしょうか?
 できるんだったら、費用と書類とか必要なものは何がありますか?

A こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によると貴方は日本で矯正治療を続けたいとのことですね。基本的には可能です。
 ただ、貴方は現在すでに矯正装置(ブラケット)を付けているとの事ですが、その装置が日本で治療を受ける際にそのまま利用できるかどうかですね。
 先生により治療に対する考え方が異なり、使用している装置や治療法が異なる場合があります。  治療はまだスタートしていないとの事ですから、日本に来てから、治療をお願いする先生のもとでスタートするのが良いと思います。
 ですから、そちらの先生のもとで採られた検査資料(レントゲンや模型、写真など)をいただいておいて、日本の先生に見せ、治療方針を決めていただくことが第一だと思います。
 それがなければ、もう一度検査をやりなおさなければならないと思います。
 あと、費用の事ですが、一般的に矯正治療費としては、
 1)検査料、診断料
 2)治療費、装置料
 3)調節量、処置料
 などが必要になるかと思われます。
 これは先生によりその頂き方や総額が異なります。
 貴方の場合、現在付けている装置がそのまま利用できる場合、その分いくらか安くして頂ける場合があるかもしれません。
 とにかく、先ずは貴方の最初の検査資料を持って、日本の先生の所に御相談に行かれる事だと思います。
 その際に装置の事や治療方法の事、費用の事などをお聞きされると良いと思います。
 また、そちらでの治療費に関してはそちらで精算しておかれるのが良いと思います。

大阪・タニ矯正歯科 院長谷世志昭先生大阪市・なんば タニ矯正歯科クリニック 院長 谷 世志昭 先生
日本矯正歯科学会、認定医・指導医、日本臨床矯正歯科医会

Q

【2013.2.15】 海外: 根管治療、小さな亀裂から歯髄炎
虫歯も怪我もない歯が急に歯根壊死などするのでしょうか?(アメリカ44歳女性)
 海外在住ですが、3ヶ月前に日本の歯医者さんで左奥から2本目の歯の銀の詰め物を(半クラウンの大きさです)ハイブリッドに替えて貰いました。
 それまでは全く痛みなどなかったのですが、以降、異常な痛みがあります。常時ではないですが、肩凝り等に伴って痛みがひどくなります。又、その隣(3本目の歯)も冷たいもの、熱い物、そして空気ですら痛むようになりました。こちらは常時です。
 先日こちらの歯医者さんに行き、レントゲンを撮って貰いました。どちらも歯根等に異常は見られないとの所見でした。3本目の歯がひどく痛みを起こしている様子で、恐らく過敏症だそうです。その時は奥から2本目は痛くありませんでしたが、夜も眠れないくらい痛むのは確かに2本目の歯です。
 その歯科医からは、しばらく様子を見るしかないと言われました。もし痛みが消えないようであれば、おそらく3番目の歯が歯根の壊死過程で痛みを起こしていると考えられる。と言われました。
 3番目の歯には虫歯もないし、今まで事故や怪我をしたこともありません。強いて言えば、2ヶ月ほど前にナッツが固くて非常な痛みが走ったのが起因のような気がします。
 こちらでは、すぐに歯根治療専門医に送られ、そちらでも治療が手間取るようであれば莫大な費用をかけるよりは、抜歯してインプラントをするように勧められます。(2年前に右の上奥歯に、微かなひびがあるとの診断から、治療をせずにインプラントを勧められています)  虫歯も怪我もない歯が急に歯根壊死などするのでしょうか?その他の可能性はあると考えられますか?
 なお、定期健診には通っており歯周病等も一切ないと言われています。  私は出来るだけ抜歯せずに、自分の歯を温存したいと思っています。実際右の奥上は、まだ抜歯せずにおいています。
 日本に帰国するのは、年に1度1ヶ月程度なのですが、日本で歯の温存治療が可能であれば、日本で治療したいと思います。 その場合は、普通の歯医者さんで良いのでしょうか?

A 安原歯科医院の安原豊人です。  
 あなた様のようなケースは、よくあります。一見むし歯でも無い歯が小さな亀裂から歯髄炎を生じ、進行すると歯髄壊死を引き起こすことがしばしばあります。
 原因には、硬いものを噛むことが好きであったり、氷や飴を噛んでしまう癖があったり、夜間のくいしばりや歯ぎしりが原因になることもあります。電気歯髄診断器等で、歯髄反応を検査することによって診断が可能です。小さな亀裂であれば、抜髄して根管治療を行った後に、できるだけヒビ(亀裂)が広がらないようなポスト(土台)を入れ、クラウンを被せることで、予後良好な場合も考えられます。帰国時にかかりつけの歯科医院を受診されることをお勧めいたします。

兵庫・明石市 安原歯科医院 院長 安原 豊人 先生
日本口腔外科学会認定口腔外科専門医
一般歯科, 矯正歯科, 歯科口腔外科, 小児歯科, 審美歯科


ご 相 談 フォ ー ム
お名前

フリガナ

性 別

男性   女性

年 齢

住 所

電車(最寄り駅)

電話番号

e-mail


e-mailを間違えると返信できません。正しく入力してください。

治療内容

一般治療 小児歯科 小児矯正 矯正歯科
審美歯科 歯周病 インプラント 費用
親知らず 顎関節症 根管治療 妊娠中授乳中
口臭

知覚過敏

海外 口腔外科
医院探し 入れ歯 その他
相談内容

メルマガの購読
サンプルはこちら
はい   いいえ
駅前歯医者.comのメルマガは、週刊で歯に関する情報を紹介しています。

 










お悩み相談Q&A

一般治療
口腔外科
医院探し
入れ歯



前歯医者.comは、海外からもお悩み相談をたくさんいただくようになりましたので、新しいページに独立させました。 結婚、留学、ビジネス、に海外で痛みや費用のギャップでお困りの皆様、お気軽にお問い合わせ下さい。無料です。